リスク管理体制

グループリスク管理体制

 当社は、「グループリスク管理基本方針」を制定し、当社グループの経営に影響を及ぼしうるリスクの予見・コントロールに努めるとともに、環境変動を想定した応答活動を常に準備し、不測の事態にあってもサービスや商品の品質を維持し、事業継続ができるように、リスク管理体制の構築に努めています。

【リスク管理体制】

【リスク管理体制】

①ERMの推進

 当社においては、取締役会主導のもと、経営企画部・リスク管理部を中心に、ERM(Enterprise Risk Management)の推進に取り組んでいます。取締役会は「グループリスク管理基本方針」の中でERM態勢を定め、グループ各社に周知するとともに、具体的な取決め等を「グループERM規程」で定めています。また、「グループリスク選好基本方針」として健全性・収益性に関する目標値等を定め、中期経営計画の礎としています。
 また、当社では「グループリスク管理委員会」を設置し、当グループの個別リスク管理の状況及び統合的に評価したリスクの状況に関して議論を行い、取締役会に定期的に報告する態勢を整備しています。

②リスク・プロファイル

 当社グループが保有するリスクを正しく認識するため、エマージングリスク(将来新たに発現し、当社グループの経営に大きな影響を及ぼす可能性のあるリスク)も含めたリスクの概要を網羅的に洗い出し、それを基にしたリスク・プロファイルを定期的に作成しています。また、リスク管理部は当社グループ内における波及リスク等、個々のグループ各社では対応できないリスクを含めた各種リスクについて網羅性の検証を行うとともに、リスクを定量的に評価し、リスク状況のモニタリングを実施しています。

③内部モデルの高度化

 当社は、当社グループの経営に影響を及ぼしうるリスクの特定および計測を実施し、保有する自己資本等の状況と対比させることにより、健全性を定期的に検証しています。
 また、リスク量および自己資本等の計測手法として内部モデルを定めており、各種リスクの分析等を踏まえ、その高度化を進めています。

④ストレス・テスト

 リスク管理部は、グループの経営に深刻な影響を及ぼしうるリスクを把握・管理するため、過去に発生したことがない仮想シナリオを含むストレスシナリオ、リバース・ストレス・テスト、感応度テストを定期的に実施し、自己資本等の充実度への影響度を分析しています。また、深刻な影響が見込まれる場合には、速やかに対応策を検討・実施する態勢を整備しています。

⑤リスク選好方針・資本配賦

 経営企画部は、「グループリスク選好基本方針」およびグループの中期経営計画を策定しています。また、それらに基づき、資本配賦を実施し、経営の安定性確保を目的として、子会社、リスク・カテゴリー等の適切な単位ごとにリスク限度枠を設定しており、その遵守状況を定期的にモニタリング(リミット管理)しています。
 また、リミットに抵触のおそれがある場合には、リスク削減・再配賦・自己資本の増強等の対応策を速やかに検討・実施する態勢としています。

【リスク・リターン・自己資本の関係】

【リスク・リターン・自己資本の関係】