社長インタビュー

すべてのどうぶつと人の幸せを目指し、健康寿命延伸に向けた予防を推進することで新たな保険のかたちを創造します。 代表取締役社長 小森 伸昭

 平素より、アニコムの保険にご契約いただいているお客さま、株主の皆さま、ビジネスパートナーの皆さまにおかれましては、ご支援を賜り誠にありがとうございます。また、新型コロナウイルスに感染された方々や感染拡大により生活に影響を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 新型コロナウイルスは、人々に「孤独との戦い」をもたらしました。そのような中、私たちアニコムでは何が出来るのかを考え、少しでもペットと暮らす飼い主さまのあんしんにつながるよう、飼い主さまが新型コロナに感染した場合に、その家族であるペットをお預かりする“#stayanicom プロジェクト”を行っています。
このプロジェクトは、飼い主さまから「私が感染したら、この子はどうすれば良いの?」という不安の声がアニコムに寄せられたことから生まれた取組みです。
今後も、このような取組みなどを通じて、ペットに関するサービスを提供する企業としての社会的責任をしっかりと果たしていきたいと考えています。

 そして、今、私たちアニコムは第二期創業期の真っ只中にいます。
2020年は、新型コロナウイルスにより人々の価値観やライフスタイルの変化が起きる中で、新たにペットをご家族にお迎えする人が増え、“心の発電所”であるペットの存在が非常にクローズアップされた年であったと考えています。
その中で動き出した第二期創業期では、これまでのペット保険事業を中心に、動物の遺伝子検査、動物病院の運営や再生医療の提供、ブリーダーマッチングビジネスなどの新たなサービスを手幅広く展開しています。

 今後、これらの事業を力強く推進し、それぞれの命が持つ個性の違いを互いに尊重しあい、分業協力することで、世界中に「ありがとう」を拡大していきます。

2021年 6月

代表取締役社長 小森 伸昭